9月2日 教会NEWS

☆今日の出来事・お知らせ☆
9月に入り、少しだけ秋の気配を感じるようになってきました。トンボが元気よく飛ぶ姿も見かけます。今年の夏は非常に暑く、猛暑日が史上最長という事です。これから、その暑さの疲れが出てくることもあると思いますから、兄姉の体調が護られますように。
今週は、また大きな台風が近づき、上陸する恐れがあると報道されています。この地方にも影響が出ることが予想されます。それぞれの場所で、神様からの豊かな護りがあり、また成すべき準備にも知恵が与えられますように。
礼拝の最後に聖餐式が行われました。主イエス・キリスト様が定めてくださった聖餐式ですが、主が主催者の晩餐の席に私たちが招かれているという、この大きな祝福を覚えて、聖餐の式に与るようにとのメッセージがありました。
R姉は今週水曜日からお母さんのために長崎へ出掛けられます。行き返りは夜行バスとのことですので体調も護られ、またお母さんの救いのために証しが用いられますように。ご高齢でいらっしゃり、また弱っておられるとの事。一日も早く、救いの恵みに与ることが出来ますように。
続いて、教会に集う兄姉の、まだ救われていないご家族の救いのために祈りが必要です。神様から個人的に与えられている時間、または主の再臨が近いことから恵みの日の時間が少ないことは明らかです。兄姉の証しが用いられて、一人でも多くの人の救いのために祈り続けたいと思います。
私たちの教会と交わりのある他教会では、今月、特別集会が予定されています。埼玉県や北海道からその便りが届いています。それぞれに祝福された集まりとなり、新たに信じて救われる方々が起こされますように。また日本各地で、世界中で主のために労しておられる先生方に、神様からの豊かな祝福がありますように。

 ☆L姉の証し☆
ちょうど50年前の今日、私は神様のご支配のうちに、この世に誕生致しました。 過去を振り返ると、反省することばかりですが、神様は私を憐れみの連続で取り扱ってくださった故に、今日も生かされていることを感謝します。今日まで本当に色々な経験を通して、神様から目を離してはいけないことを何度も何度も学ばせていただきました。でも、まだまだ成長の段階にいるのだと思います。地上での生涯を終えるまで、クリスチャンとして成長し続けること、前進することが必要だと教えられています。 今までの歩み、過去を変えることは出来ませんが、これから先の残された時間は、神様の御意に従うか、そうでないかで大きく変わっていくと思います。 パウロがピリピ3:13で「兄弟たちよ。私は、自分がすでに捕らえたなどと考えてはいけません。ただ、この一事に励んでいます。すなわちうしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み・・・」と言いました。過去の良くなかった自分、生まれつきのままの自分、または逆に過去の栄光や良かった事などに縛られることが『うしろのもの』ではないかと思います。過去を反省すること、または神様から与えられた今までの祝福を感謝することは当然ですが、それらに執着して、前進していかないのは、みことばに反することになるのだと思います。神様はあと何年、この地上で私を活かしてくださるのか分かりませんが、残り時間の方が少なくなった今、ピリピ3:14の「キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標をめざして一心に走る」人生を歩ませていただきたいと思います。

☆本日のランチ☆

 

関連記事

  1. 4月24日 教会NEWS

  2. 2月16日 恵みの回顧

  3. 第47回 ひつじのひろば 報告

  4. 1月7日 教会NEWS

  5. 11月8日 教会NEWS

  6. 6月15日 教会NEWS

  1. 2020.07.05

    7月5日 恵みの回顧

  2. 2020.07.05

    7月5日 主は敵の前で

  3. 2020.06.28

    6月28日 恵みの回顧

  4. 2020.06.28

    6月28日 相互洗足

  5. 2020.06.21

    6月21日 恵みの回顧

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.