信仰による願い

私たちの神様に対する祈りには願い(嘆願)が含まれます。一つの例として、イエス様に嘆願した女性の記事を学びましょう。(マタイ15:21~28)

イエス様はツロとシドンの地方においでになりました。イエス様が公生涯でユダヤの領土の外へ行かれるのは異例です。ここでカナン人(マルコの福音書ではギリシア人)女性が登場します。彼女は悪霊につかれている幼い娘のことでイエス様にお願いに来たのです。しかしイエス様はすぐには返答されませんでした。イエス様にはそうされる目的がありましたが、弟子たちは早々にこの女性を去らせて欲しいと願いました。イエス様は、“神様との特別な契約の民であるユダヤ人以外には遣わされていない”と冷淡と思われるような返事をされました。実際のところ、神様の計画においては、福音(祝福)がまずユダヤ人に伝えられ、ユダヤ人を通して異邦人へと広げられていくことになっていました。女性はあきらめることなく、伏してイエス様に憐れみを求めました。イエス様はさらに、“良いもの”はまずユダヤ人に提供されなければならないことをお語りになりました。女性は自身がその“良いもの”に与る資格はないことを承知の上でその“かけら”でもいただきたいと求め続けました。イエス様は彼女の信じる心をお褒めになり、求めのとおり娘を癒してくださいました。

神様はどのような者の願いも聞かれる:イエス様は異邦人である女性の願いを聞かれました。イエス様はご自分に求める相手が誰であっても答えてくださいます。私たちは、願いを聞いてくださることを感謝し謙虚さをもって祈るべきです。自分は神様の憐れみを受けるにまったく値しないと認めつつ願い求めるべきなのです。

神様は願いの本気度をご覧になる:イエス様は女性の熱心な(継続的な)願いをお聞きになりました。神様は、すべてをご存知のお方ですが、積極的に求めることを望んでおられます。神様は、あることは願わなくてもしてくださいます。しかし、あることは、願うことによってしてくださるのです。(マタイ7:7; ヤコブ4:2)

神様は信仰による願いを聞かれる:イエス様は女性の信仰を見て願いを聞かれました。(ヤコブ1:6; マタイ8:10-13; 9:22; 21:22)イエス様は(沈黙され)まず彼女の信仰が真実であることを明らかにされ、またその信仰を育ててくださいました。イエス様は彼女の信仰の表現を引き出されたのです。

まとめ:神様は謙虚な信仰による願いの祈りを聞かれる
私たちには多くの願いがありますが、神様に申し上げる際には謙虚さをもってし続けることが必要です。神様の御心がなることを大前提として願い続けるのです。私たちの嘆願の祈りは空しく終わりません。聖霊なる神様の助けによって祈ることができますから(私たちが望んだことが望んだかたちで実現しないとしても)そこに喜びを見出すでしょう。
嘆願の祈りは霊的戦いの一部でもあります。(エペソ6:18)勝利ある信仰生活のために、神様に願うことをやめてはなりません。同時にこの祈りは、私たちを思い煩いから解放し、神様からの平安による保護を獲得する手段であることを覚えておきましょう。(ピリピ4:6)

関連記事

  1. 人はどのようにして新しく生まれるか

  2. 9月8日 悔い改めという変化

  3. 12月23日 予告されたご降誕

  4. 5月28日 みことばを語る働き

  5. 4月2日 信ずるのは今です

  6. 11月23日 主の権威を認める祝福

  1. 2024.05.19

    恵みの回顧

  2. 2024.05.19

    神を恐れる歩み(I ペテロ 1:17~21)

  3. 2024.05.12

    恵みの回顧

  4. 2024.05.12

    あなたがそこにいるだけで

  5. 2024.04.30

    偉大な救いを受けた私は(I ペテロ 1:13~16)

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.