3月29日 十字架の意義

今週はイエス様の十字架における御苦しみを特に覚える受難週です。今回はイエス様の十字架の意義について共に考えたいと思います。

①父なる神様の権威に対する服従(ピリピ2:6-8) →イエス様は神の御子であられながら、神であることに固執されませんでした。罪のない、聖いご存在のイエス様は、人として仕える者となられました。イエス様はすべて父なる神様の下にご自分を置き、従うことに徹されたのです。

②父なる神様の信頼性に対する従順(へブル2:10)→へブル書2章はイエス様の人性が強調されている章です。神様の一つの御心は人間を栄光の道へと導くことです。その御心を実行する上で、イエス様は救いの君として相応しいお方です。イエス様は最終的には勝利者であられる父なる神様への信頼に基づいて従われました。私たちの「信仰の創始者」となられたイエス様は、私たち罪人が救われるという喜びを前にして、十字架のはずかしめと苦しみを耐え忍んでくださいました。(へブル12:2)

私たちのために十字架をお通りになり、父なる神様に従われた御子イエス様を黙想し今週を過ごしましょう。

関連記事

  1. 6月15日 主の復活による啓示②

  2. 4月28日 真に満たされなさい

  3. 5月4日 主の復元力

  4. 1月7日 救いの約束の確実性

  5. 5月14日 まことの神に望みを置く

  6. 6月8日 聖霊による役割分担

  1. 2020.10.18

    10月18日 恵みの回顧

  2. 2020.10.18

    10月18日 相互の愛の実践

  3. 2020.10.11

    10月11日 恵みの回顧

  4. 2020.10.11

    10月11日 賢者の歩み③

  5. 2020.10.04

    10月4日 恵みの回顧

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.