恵みの回顧

7月に入り、蒸し暑い日々が続いています。最近は、梅雨らしい雨の日も多く与えられましたが、豪雨となり災害に遭われた方々もおられます。明日はどのような事がこの身に起こるか、私達人間は誰も知りません。しかし、全てを知っておられ、ご自分の御心を常に、また全てにおいて行う力をお持ちの主を認め、主にお委ねできる者達として、今日も教会に集まり礼拝をお捧げできた事を感謝します。

 今日は神様の「遍在」について、聖書を通して学ぶことができました。いつも、祈りと多くの時間を捧げ、御言葉の準備をして、私達に霊的な糧を届けて下さるメッセンジャーの働きを心から感謝します。自分のデボーションだけでは得られない霊的な糧が、日曜日にメッセンジャーを通して特別に与えられる事は、何と幸いなことでしょう。これは決して当たり前ではありません。

 私は主婦ですので、他の人が用意して下さったお料理はご馳走であり、それを頂く時には、何とも言えない感謝と感動を覚えます。日曜日のメッセージは、私たちにとって『霊的なご馳走の時間』とも言えるのではないかと思います。自分のデボーションの時には、もちろん御言葉を黙想し、分からない事を調べ、学ぶ事もしますが、礼拝で御言葉を私達に届けるために、メッセンジャーが多くの時間を割いて学び、黙想する事に比べたら、本当に僅かだと思います。そして、何よりも主がメッセンジャーを御言葉の通り良き管として選び、助け、導いておられる故に、主を賛美し、感謝します。もっと、霊的恵みを頂く者として、メッセンジャーの為に祈りたいと願います。

 さて、「遍在」について、今日も聖書から多くの御言葉が開かれ、教えて頂きましたが、特に心に深く残った御言葉は、次の御言葉です。

詩篇145:3
「主は大いなる方。大いに賛美されるべき方。その偉大さを測り知ることができません。」

 この世界を創り、保ち、支配されているお方は、全ての範囲に存在され、全ての空間に制限されることなくそこにおられます。そのようなお方に創られた存在である私達が、理解すること事態が困難な事であり、ある意味不可能とも言える事です。しかし、神様はご自分を信じ、従おうとする者たちにご自分をあらわして下さいました。

 私達は、直接的に主を見ることが出来なくても、霊の目で主を見ることができるようにして下さいました。また、私達の歩みにおいて常に主の近くを歩むように招いて下さり、どのような時にも、私達の内におられる聖霊なる神様が、励ましと慰めをもって導いて下さり、最後まで共に歩んで下さるお方だと学び、大きな平安と感謝が与えられました。

 そのような遍在なる神様を前に、自分は何と小さき者か、何と傲慢な者かと謙りを持ってひざまずく必要を教えられました。また日々、そのような者に与えられた救いの恵みを感謝しつつ、信仰の歩みにおいて整えるべき部分、主の御心にかなっていない部分を主から示して頂き、主の御心にかなう者たちにならせて頂くことができますように。

関連記事

  1. 10月28日 教会NEWS

  2. 8月9日 ライトハウススペシャル

  3. 第44回 ひつじのひろば 報告

  4. 3月31日 恵みの回顧

  5. 7月7日 教会NEWS

  6. 7月5日 教会NEWS

  1. 2021.07.25

    恵みの回顧

  2. 2021.07.25

    バプテスマの意義

  3. 2021.07.18

    恵みの回顧

  4. 2021.07.18

    私は聖書の神を信じる⑥:永遠の神

  5. 2021.07.11

    恵みの回顧

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.