恵みの回顧

先週日本列島に上陸した台風も過ぎ去り、今日は朝から青空が美しい、秋晴れの天候が与えられました。
台風の被害から護られたことを感謝します。でもまだ台風シーズンは続きます。ここ最近は10月に大きな被害が出ていますから、今年は護られますようにと願います。

3週間に渡ってオンライン礼拝が続いていましたが、今日から分散礼拝となり、半分くらいの方が出席して、久し振りにお会いできました。今はまだ近付いてゆっくりお話しする、ということは気を付けないといけませんが、やはり顔と顔を合わせる事ができるのは感謝です。いつまでこの状態が続くか分かりませんが、忍耐強く、神様のお働きを待つのみです!

今朝の礼拝メッセージは神様の三位一体について。これは私たち人間の限られた能力では完全に理解することは難しいですが、クリスチャンにとって重要であると語られました。そして、必要なことはみことばによって示されている、とも教えられました。
実際に旧約聖書からも新約聖書からも、様々な場面で、父なる神・御子・御霊を「三位格」としてあらわしてくださっています。
メッセージのまとめの中で「神様だけなら救いをいただけなかった」という言葉に、心からその通りだなと思いました。神様が神様のままだけでいらっしゃったら、私たちは神様のご存在すら知る手段はなかったわけです。
御父の愛と、永遠の救いの道を準備してくださった御子イエス・キリスト様のみわざ、そしてクリスチャンのうちに内住していてくださる御聖霊のお導きによって、日々の信仰生活が護られていることを覚え、感謝に溢れました。
「父なる神様・御子イエス様・御聖霊」=「神様は唯一である」は矛盾しない、と教えられましたが、人間にとって理解は難しいことです。ただこれは理解するというより「アーメン」とそのまま受け入れ信じることが、祝福に繋がるのではないかと思いました。多くの人が「そんなことはあり得ない」と理解できないことを理由に拒絶する中で、御聖霊のお働きによって、この真実を受け入れることが出来るようにしていただけたことを心から感謝します!

今週も、みことばから霊的栄養を十分いただいて、力強く歩ませていただきたいと願っています。
体調の優れない方、悩みを抱えている方、試練の中にいる方、見えるところ喜べない状況を経験している方、お一人お一人の上に、神様が最善をなさってくださり、すべてを益と導いてくださいますように!
何も問題がなく穏やかに過ごさせていただいている方は、さらに讃美と感謝と祈りに溢れた日々を過ごせますように!

関連記事

  1. 第29回 ひつじのひろば 報告

  2. 9月6日 恵みの回顧

  3. 第43回 ひつじのひろば 報告

  4. 7月14日 恵みの回顧

  5. 11月27日 教会NEWS

  6. 3月6日 教会NEWS

  1. 2021.10.17

    恵みの回顧

  2. 2021.10.17

    私は聖書の神を信じる⑱:三位一体なる神⑤

  3. 2021.10.10

    恵みの回顧

  4. 2021.10.10

    私は聖書の神を信じる⑰:三位一体なる神④

  5. 2021.10.03

    恵みの回顧

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.