牧師の独り言 Vol.12

「6歳ぐらいのこどもとお話するのは楽しい」これはあることの裏返し。人との関係においてコミュニケーションは常に付いてまわるものだが、これがなかなか難しい。相手の声に耳を傾けつつ、行間を読んだり、ことばにしていない部分を想像したり、そしてどのように応えるかということにおけることば選びなど、いろんな作業が同時進行している。正直疲れる。またことばにしていない部分をどう解釈するか、そこに何か発信されているのか、それはこちらのただの思い違いなのかなど、いろいろ考え始めると心は疲弊していくのを感じる。でも、「6歳ぐらいのこどもとお話するのは楽しい」裏表のない直球のキャッチボールができるから。こどもが「いいね」と言えばその通り「いいね」だ。「おいしいね」と言えばその通り「おいしいね」だ。そこには本音しかないし、こちらが疑ってかかる必要もない。こちらが投げかけることばも、そのまま受け取ってくれる。疲れないどころか癒される。しかし、大人となるとこう単純にはいかない。これを言うべきなのか、言うべきでないのか、という疑問で始まり、言ってよかったのか、言わないべきだったのかという疑問で終わる。どんなに慎重にしたとしても、コミュニケーションにおいて「やらかしてしまう」ことは避けられない。意思の疎通は永遠の課題と思えるほど。だからと言ってずっと黙っていることがいいわけではないし、それは現実的ではない。でも、発言をするのであれば、それは建設的・肯定的であるべきだし、人を励まし勇気づけるものであるべきだと思う。それがお世辞や見せかけなど人のご機嫌をとるためではなく、心の思いの純粋な反映であるようにすべきだ。神様が与えてくださったコミュニケーションという贈り物をどのように用いるか、神様に知恵を求めていく。それはことばを使い続ける限り続いていくんだろう。

 

関連記事

  1. 1月22日 教会NEWS

  2. BJU宣教チームメンバーご紹介

  3. 第44回 ひつじのひろば 報告

  4. 8月13日 教会NEWS

  5. 11月23日 教会NEWS

  6. 1月31日 恵みの回顧

  1. 2023.01.22

    恵みの回顧

  2. 2023.01.22

    心を神に明け渡す

  3. 2023.01.15

    恵みの回顧

  4. 2023.01.15

    信仰の感情的要素

  5. 2023.01.09

    恵みの回顧

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.