第48回 ひつじのひろば 報告

主よ。私の口に見張りを置き、私のくちびるの戸を守ってください。
詩篇141:3

春を目前にしてまだまだ寒さが残り、養老山が雪化粧し冷たい風も吹くような中でしたが、今月も神様の護りの中で「ひつじのひろば」が開催されました。今回は計5組の親子(子ども10名、大人4名、スタッフ4名)が集まりました。4月から幼稚園に入園するお友達にとっては、今回で子育てサークル卒業ということになり、寂しい限りですが、また色々な機会に教会に足を運んでもらえたらと願います。
サークルは、歓迎の歌からスタートし、「あの空はどうして」という賛美を歌った後、手遊び歌「大きくなったら」を歌いながら、親子で楽しく遊びました。読み聞かせの時間には、大型絵本で「もりのおふろ」「ひつじぱん」を読み聞かせしました。その後、ママへのみことばタイム、おやつタイム、そしてその後は自由遊びタイムになり、子供達を遊ばせながら、ママ達は色々な話をしながら時間を過ごしました。今回も参加者全員がお弁当を持参しましたので、みんなで楽しいランチとなりました。
みことばタイムでは、スタッフのR姉より詩篇141:3の御言葉から『3月は新しい出発の為の別れの時でもあります。この「ひつじのひろば」におきましても、今日が最後の出席だとおっしゃる方も居られ、寂しくなります。小さなお子さんやお母様方と一緒に、聖書を通しての楽しい時間が与えられ、とても感謝でした。これからも生きてゆく限り、この広い社会の中で、人と人のつながりが絶えず有ります。その中で「会話」は、やはり欠かせないコミュニケーションの一つです。
その人が思ったこと、感じたことを言葉で表現する時、思いがけなく相手の人を傷つけたり感情を害したり、あるいはその逆の立場だったりして、微妙な雰囲気に成られたことはありませんか? 聖書の中に、口に入るものは人を汚しません。しかし、口から出るものは心から出て来ます。そして、それは人を汚すとあります。
政治家の先生方の中にも、リップ・サービスのつもりで、受けの良いきれい事を軽々しく発言し、批判の的になる事もしばしばです。私たちは元々、罪の性質を持って生まれてきた者であり、悪意が無くても言葉で簡単に人を傷つけてしまう者達です。 感情がエスカレートすると、言葉の暴力で人を苦しめ、死に追いやることもできます。
私たちの口から出るものには、それなりの責任が伴いますが、「絶えず自分でコントロールできるか・・・」と言うと、それは大変難しいです。愛が無かったり、知恵が足りなかったり、時には急いでいたり、疲れていたり、様々な場面に出くわし、予期せぬ言葉を出してしまうものです。しかし、私の個人的な立場から、人に出来ない事は神様がしてくださる事だと、受けとめてお任せできますから感謝です。私たちの事を見聞きしておられ、全てをご存知の神様が、私の口に見張りを置き、私のくちびるの戸を守ってくださって、聞く人に益を得させる者でありたいと、常日ごろ願っております。
これから言葉を覚えて成長される小さなお子さんにとって、お母様方の役目はとても大きいと思います。私たちも、皆さんお一人お一人の為に覚えて祈ります。また若い皆さんもご自分で聖書をお読みくだされば、神様があなたに与えようとしておられる恵みを、きっと発見なさるはずです。』とお話して下さいました。

関連記事

  1. 3月ひつじのひろばご案内

  2. 4月2日 教会NEWS

  3. 2月18日 教会NEWS

  4. 5月19日 恵みの回顧

  5. 5月15日 教会NEWS

  6. 9月ひつじのひろば報告

  1. 2020.11.29

    11月29日 恵みの回顧

  2. 2020.11.29

    11月29日 主のとりなしの祈り

  3. 2020.11.27

    クリスマスの集いについてのお知らせ

  4. 2020.11.22

    11月22日 恵みの回顧

  5. 2020.11.22

    11月22日 ご栄光のための祈り

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.