10月12日 大胆に語らせてください

教会創立25周年を迎え、次に、明日に向かって何を主に期待していくのでしょうか。

聖書の使徒の働きは教会のスタート、そして教会の前進を記録するものです。教会は「聖霊に励まされて」成長していきました。それは人間の働きではなく神の働きです。

今回、使徒の働き4:12~31を学びたいと思いますが、これは初代教会の時代、“語ってはならない”時世でした。しかし、そこに教会の誕生における聖霊の働きを見ます。「大胆」に振る舞い、語るということばが登場します。(13、29、31節)これは教会に必要なものです。外からの反対の中で、(絞り出すというのではなく)内側から湧き上ってくるものです。

この使徒達(そして初代教会における信者)の大胆さは先ず、①復活されたキリスト様(の事実)から来たのです。信仰とは何でしょうか。それは主の十字架と復活という事実に基づくものです。“後の”ペテロは人を恐れませんでした。復活されたキリスト様に出会ったからです。ここに事実の上に成り立つ人生の変化を見ます。キリスト様に出会った者としてそれは必然です。(20節)あなたは主と会っておられるでしょうか。会話しているでしょうか。心の目で主を見ているでしょうか。主との一対一の出会い、それが感謝の祈りとなり、確信となります。

次に使徒達の大胆さは、②神様をおそれる信仰から来たのです。(19節)語ることを禁止される中で、人よりも神をおそれ敬う信仰です。そこには神様に対するへりくだりがあります。神様を、人をさばく権威のあるお方として、また人の魂を支配されるお方として見ます。

最後に使徒達の大胆さは、③教会の一致した祈りの中にありました。(24節)教会は聖霊の宮です。贖われた者の集まりです。そこには聖霊の臨在があります。それを覚えて主に祈ります。その信仰は一つです。そしてそこに聖霊なる神様が働くのです。教会の求めは迫害の消滅ではなく、迫害の中にあって大胆に語ることでした。(29節)

神様にとって一人一人の魂は尊いのです。そして神様はそこに先に救われた者をお導きになります。使徒達、そして初代教会の信者は、試練を超える神のちからを求めました。それを聖霊なる神様は与えることがおできになります。それはあなたが、そして教会が聖霊なる神様に委ねることによってです。

 

関連記事

  1. 私は聖書の神を信じる⑳:三位一体なる神⑦

  2. 2月3日 イエス様の愛

  3. 私は聖書の神を信じる⑪:愛なる神②

  4. 信仰の感情的要素

  5. 10月7日 偉大な救い主

  6. 8月13日 みことばの働き

  1. 2024.05.19

    恵みの回顧

  2. 2024.05.19

    神を恐れる歩み(I ペテロ 1:17~21)

  3. 2024.05.12

    恵みの回顧

  4. 2024.05.12

    あなたがそこにいるだけで

  5. 2024.04.30

    偉大な救いを受けた私は(I ペテロ 1:13~16)

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.