11月1日 恵みの回顧

11月に入りました。最近朝晩は気温が一桁になる日もあるなど、一段と秋が深まってきました。
もう少しすると、近くの養老山も紅葉が進み、美しい姿を見せてくれることでしょう。
神様がお造りになった物は、どれも人を癒し、楽しませ、ホッとさせてくれます。
日本は特に四季折々に違った景色を楽しむことができますが、それはすべて神様の御手の中でなされていることを思う時に、本当に感謝に溢れます。

今日のメッセージからもクリスチャン生活に必要な糧をいただくことができました。
この世にあっては、様々な問題に直面します。主イエス様を信じたら、何の苦労も問題もなくなる・・・ということではなく、むしろ罪の世においては苦しい経験の方が多いくらいかもしれません。生き辛さはクリスチャンであるが故に感じることも事実です。
そうであっても、私たちには聖霊なる神様という助け手がいてくださる、その力強いメッセージに、大きな励ましをいただきました。
イエス様がこの世を去って行かれる事によって、その後遣わされた聖霊。その聖霊が世に対するお働きと共に、私たちクリスチャンに対するお働きを継続してくださっています。
私たちの歩みを力強いものとしてくださる聖霊のお働きを認め、信じ、委ねて行くことができますように。そして聖霊の語り掛けに敏感に反応して受け取り、導きに素直に従う者とさせていただけますように。

月に一度の聖餐式の恵みに与り、改めて”救われる価値のない者が救われた”ことを覚えました。
すべては主イエス・キリスト様の十字架上で流された血の故・・・でした。
この感謝を覚えつつ、新たな月を、週を、過ごさせていただきたいと思います。

クリスマスに向けての準備が始まっています。今年は例年のような集会を開催することができませんが、違った形で福音を伝えることができますように、と計画されています。
一つ一つの働きが祝福されて、一人でも多くの人に本当のクリスマスメッセージが届きますように。
主のご栄光があらわされる、2020年のクリスマスとなりますように!

関連記事

  1. 8月16日 教会NEWS

  2. 5月5日 教会NEWS

  3. 第48回 ひつじのひろば 報告

  4. 10月14日 教会NEWS

  5. 4月26日 教会NEWS

  6. 5月2日 恵みの回顧

  1. 2022.11.27

    牧師の独り言 Vol.12

  2. 2022.11.27

    聖書の神は救いを与えられる⑧:悔い改めの手段

  3. 2022.11.20

    クリスマスの集会のご案内

  4. 2022.11.20

    恵みの回顧

  5. 2022.11.20

    聖書の神は救いを与えられる⑦:悔い改めの意味③

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.