12月2日 あらわされた神

イエス・キリスト様がこの世界においでになった大きな目的の一つは「神様を説明する」ことでした。(ヨハネ1:18)神様はご自分がお造りになった人間たちにご自分を知ってほしいと思っておられるのです。(ヘブル1:1)神様からの情報発信の手段である旧新約聖書の存在はその神様の御思いを大きく反映しています。

 イエス様は肉体をとることによって神様をあらわされました。(Iテモテ3:16)神様は御子イエス様をこの世界に遣わすことによって真実の愛をあらわしてくださいました。(Iヨハネ4:9-10)神様の基準からご覧になるときに、すべての人間は罪人です。そして死と、死後のさばきが定まっています。そのようなあわれな人間たちにいのち(救い)を与えるためにイエス様は来られました。イエス様は罪に対する神様の怒りをなだめる存在として十字架での犠牲の死を経験されました。この身代わりの死は私たちに救いの道を開いたのです。神様の人間に対する愛は具体的にあらわされました。これが神様から罪人への恵みです。

 やがてイエス様は再びあらわれてくださいます。(ヘブル9:28)イエス様によって準備された救いの計画を受け入れたクリスチャンにとって「救いの完成」の瞬間です。その時、クリスチャンは神様を完全な意味で知ることになるのです。今なお真の神様、真の幸福を知らないで過ごしておられる方々のために私たちクリスチャンは、その生き方を通して神様であられ、救い主であられるイエス様をあらわすことができるのです。

 

 

12/2ランチ(他人丼)

関連記事

  1. 7月28日 ペンテコステのメッセージ

  2. 8月9日 イエス様は神の啓示

  3. 3月4日 昨日の友は今日の敵?

  4. 1月10日 最も違法な裁判

  5. 12月24日 クリスマスの意義と祝福

  6. 3月25日 奴隷か自由か、律法か恵みか

  1. 2021.12.02

    クリスマスの集いのご案内

  2. 2021.11.28

    恵みの回顧

  3. 2021.11.28

    聖書の神は人を造られた③:罪の本質

  4. 2021.11.21

    恵みの回顧

  5. 2021.11.21

    聖書の神は人を造られた②:神の律法の目的

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.