12月20日 教会NEWS

☆今日の出来事☆
冬らしい(?)寒い主日を迎えました。今年も今まで護られ、イエス様ご降誕を(特に)お祝いし、神様に讃美をおささげする季節を迎えることができる恵みを覚え感謝します。
施設に入所しておられるO兄は歩行器による移動を余儀なくされています。精神的にも落ち込んでおられる兄ですが、信仰をもっておられますので、神様から支えが続いてありますように。その他の高齢の兄姉の上にも神様の恵みが注がれますように。

☆証し☆
今日はY姉が証しをされました。「『わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光をもつのです。』(ヨハネ8:12)今年の9月より奇数月の第一土曜日朝10時スタートで我が家で始まった『サタデーバイブルキッズ』では、『バイブルサイエンス』というプログラムを設けています。これは私達の身の回りや生活の中に溢れている色々な不思議について、聖書の視点から子供達と一緒に考え、また学びたいと思い、始めました。科学など、難しい分野を教える知識も経験もない私が担当しているのですが、これまで『光』について2回に分けて子供達と一緒に学びました。子供達にどこまで伝わったのか分からないのですが、私自身が一番教えられ、また感動しましたので、今日は『光』について聖書から学んだ事を分かち合いたいと思います。
神様は、私達人間を造られる前、まず私達が住むべき環境を一つ一つ神様の『お言葉』でお造りになりました。その中でも、神様が私達のために最初に造られたもの、それは『光』でした。創世記1:にある通りです。私は今まで神様がなぜ光を最初に造られたのかよく考えたことがありませんでした。しかし『光』は私達が全てのものを見る時に欠かせないものだという事を改めて考えた時、神様がお造りになる全てのものを私達が見ることができるために『光』はどうしても必要なものだったから、神様は最初に光をお造りになったのではないかと…と思い、感動しました。また光は私達が色を識別するためにも欠かせないものです。動物は種類によって様々なのですが、色の識別が人間のようにできません。ある動物や虫は白黒の世界で生きているそうです。でも、人間は様々な色が識別でき、神様が造られた素晴らしい世界を喜び楽しむことができます。これは、神様を讃美し、神様の栄光を現すために造られた人間だけに与えられている特権であることも覚え、感動しました。
さてヨハネ8:12の御言葉にあるように『わたしは世の光です』とおっしゃったイエス様は『世の光』として天から降り、私達の住む『闇の世界』に来て下さいました。私達が住んでいる世界は神様の目から見たならば、全ての人間が持つ『罪』という暗い闇に覆われた所です。人間は生まれながら罪のゆえ暗闇の中におり、自分に罪があることや、この世界が神様の悲しまれる事でいっぱいであることに気付くことができませんでした。しかし、イエス様がこの世の光として地上に来て下さったことによって、自分が罪人であり、罪から、そして罪の結果から救われなければならない存在であることを真の光によって照らし、教えて下さいました。神様が最初に造られた『光』も『イエス様』も私達にはどうしても必要でした。この事からも神様が私達人間を特別な存在としてお造りになり、また人間をどんなに大切に思っていて下さるのかを覚え感謝します。
イエス様により真の光を知り、罪の問題を認識し、その解決を頂いた私達は、命の光を頂いており、神様から新しい命と希望の光を頂いて人生を歩む者にされたことをクリスマスの時期に改めて感謝したいと思います。」

☆クリスマス祝会☆
例年は24日の午後7時から行われてきましたが、今年は今日の午後4時からの開催となりました。12名の方々が教会外から集ってくださいました。初めての方(6名)、再度来会された方、少しずつ聖書の真実に心を開いておられる方と様々ですが、神様のお働きとお導きを覚えて感謝しました。皆でクリスマスの讃美歌を歌った後、家族や各グループによる特別讃美がなされました。

クリスマスのお話では、「信ずること」について重点的に語られました。まだ救いを体験しておられない方々が、神様の用意されたイエス様による救いを受け入れ信じることができますように。集いの後は食事をしながら、良い交わりの時をもちました。会話がはずんで大盛り上がりのテーブルもあったようです。神様の恵みにより、また兄姉の奉仕により、今年も祝会を催すことができました。一人の人が救われることは簡単なことではありませんが、教会がこの地域の人々にとって「また来てみたい」と思うことができる場所となることを願います。そして結果としてイエス様に繋がる人々が起こされることを願います。

☆本日のランチ・お花☆

 

関連記事

  1. 6月9日 教会NEWS

  2. 3月28日 恵みの回顧

  3. 8月度 ひつじのひろばご案内

  4. 8月6日 教会NEWS

  5. 10月4日 恵みの回顧

  6. 8月18日 教会NEWS

  1. 2022.11.27

    牧師の独り言 Vol.12

  2. 2022.11.27

    聖書の神は救いを与えられる⑧:悔い改めの手段

  3. 2022.11.20

    クリスマスの集会のご案内

  4. 2022.11.20

    恵みの回顧

  5. 2022.11.20

    聖書の神は救いを与えられる⑦:悔い改めの意味③

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.