3月17日 恵みの回顧

今朝は雪がちらつき、昼から次第に雨へと変化するような天気でした。ニュースでは花粉情報や桜の開花情報など春への変遷を感じさせる中、今日は未だ寒く、冬を感じさせる主日となりました。今日も何の妨げなく礼拝に出席することができ、感謝です。
礼拝での特別賛美において「わがとも主イエスは」の賛美を行いました。この賛美を通して新たに私の語彙が増えたのでご紹介します。
【はべる(侍る)】…身分の高い人のそばに付き従っている。かしこまってその席などにいる。
賛美の中で、「みそばにはべれば何をか恐れん、今主は我がもの我は主のもの」と出てきます。主イエス様のそばで付き従っていれば、平安を与えてくださり世の中の何も恐れることはないという、力強く励まされるフレーズです。そのような主に対して「我が友」と呼ばせていただくことは非常に恐れ多く、光栄であると感じます。これからも私は「主のもの」としてイエス様のもとに侍りたいと改めて思うことができ、感謝です。

●本日のランチ● ~ナスの食感引き立つドライカレー、ご飯が進みました。

関連記事

  1. 3月31日 教会NEWS①

  2. 5月23日 恵みの回顧

  3. 1月3日 教会NEWS

  4. 第53回 ひつじのひろば 報告

  5. 5月24日 教会NEWS

  6. 5月29日 この世の現実を知れ

  1. 2022.07.03

    恵みの回顧

  2. 2022.07.03

    聖書の神は救いを用意された⑰:イエス様の復活の性質②

  3. 2022.06.26

    牧師の独り言 Vol.8

  4. 2022.06.26

    聖書の神は救いを用意された⑯:イエス様の復活の性質

  5. 2022.06.19

    恵みの回顧

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.