4月3日 教会NEWS

☆今日の出来事☆ IMG_8263
今日の主日は、雨の予報でしたが大降りになることなく、穏やかな日となりました。
周辺の桜は満開を迎え、少し早咲きの桜は早くも散り始めて、綺麗な「花吹雪」を見ることができました!
今日は、普段出席していない兄姉が加わり、乳幼児を含めて総勢30人が礼拝に出席できました。

 

☆証し☆
L姉により証がありました。
職場で「KY活動」とか「KY訓練」という言葉を耳にします。「KY」というと、何年か前に流行った「空気が読めない」を略して「KY」という方が有名かもしれませんが、今日はそれではなく、働く現場で使われる「KY(危険予知)」についてです。ご存知の方もおられると思いますが、これは建設業や物流業、製造業の現場などで、事故や災害を未然に防ぐことを目的に、その作業に潜む危険を予想し、指摘し合ったりすることです。朝礼などで行われることが多いようです。例えば「こんな所に物を置いておくと、つまずいて危ない」とか「この道具のこんな使い方は危険だ」とか、ある程度経験に基づいて危険を予知します。
このことから、これは霊的にも当てはめることができると思いました。「KY」の「K」である危険は、霊的には「罪を犯すこと」、「神様のお心を痛めること」と言う事ができます。そして「Y」の予知する、予め知るためには、「みことばから教えていただく」以外にないと思います。
会社では事故や災害から身を守るために毎日努力し、注意深く作業をします。スローガンを掲げて、ゼロ災害を目指します。
それなら、クリスチャンである私は、霊的に健全であるように、もっと目を覚まさなければならないと示されました。日々聖書から教えていただき、危険予知できるようにしていただく必要があります。私は自分を省みると、神様のお心からほど遠いことを認めざるを得ません。
詩篇119:11 あなたに罪を犯さないため、私はあなたのことばを心にたくわえました。
箴言1:7 主を恐れることは知識の初めである。
主を畏れ、みことばから教えをいただき、日々の歩みの中に潜む霊的危険から守られるよう、頼って行くようにと教えられています。

☆特別讃美☆
関東から来て下さったS兄とMちゃんが特別讃美をしてくださいました。
Mちゃん伴奏、S兄独唱「われはおさなご♪」
Y姉伴奏、S兄独唱「主は汝がために♪」(原詞:Someone is praying for you)
【以下、S兄 訳】
こころいたみ つらいときも 悔いのなみだ ながれるときも
永遠にかわらぬ 御手をもて 主はわれを いだきたもう
主は汝がために とりなしたもう 汝がかなしいときでも
くるしいときでも 主はつねに在ましたもう

☆聖餐式☆
月に一度の聖餐式に今月も与ることができ感謝です。会衆讃美、一人一人の祈りの時間、ショートメッセージのあと、聖餐の式に与りました。
メッセージでは「私たちはそれぞれ、違った境遇、環境の中から救われました。意見の違いが起こることもありますが、神様は主にあってみたまの一致を求めておられます。その御心に従わない場合、愛の懲らしめなどを通してお取り扱いくださいます。」と語られました。

☆4月度誕生会☆IMG_8266
4月6日に満1歳の誕生日を迎えるKちゃんの誕生会が行われました。主がKちゃんを今日まで祝福し成長を与えてくださったことを感謝しながら、誕生会の時を持ちました。
今後の成長のため、また何よりも主イエス様による救いを早く受ける事ができますように、両親にも豊かな知恵が与えられて、良く導くことができますように、と祈りが捧げられました。
主役の本人はまだ食べられなくて残念でしたが、ママたちが集まって焼いてくださったケーキを皆さんでいただきました。Kちゃんはケーキに興味深々で、手を出すとお皿を下げられ、また手を出してお皿を下げられ・・・と、少しかわいそうでしたが、来年には食べられるかな♪

☆本日のランチ☆

関連記事

  1. 5月19日 恵みの回顧

  2. 恵みの回顧

  3. 3月3日 恵みの回顧

  4. 6月7日 教会NEWS

  5. 6月18日 教会NEWS

  6. 4月17日 教会NEWS

  1. 2021.10.17

    恵みの回顧

  2. 2021.10.17

    私は聖書の神を信じる⑱:三位一体なる神⑤

  3. 2021.10.10

    恵みの回顧

  4. 2021.10.10

    私は聖書の神を信じる⑰:三位一体なる神④

  5. 2021.10.03

    恵みの回顧

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.