7月24日 神の国民となる祝福

パウロは、三回目となる宣教旅行でエペソに来た時、会堂で3ヶ月間 「神の国」について語りました。(使徒の働き19:8)神の国は、①神が統治される世界的領域(世界的王国 詩篇103:19~22)、②神が統治される救いの領域(ルカ17:20~21)、そして③神が統治される千年王国(そして永遠 イザヤ11:1~9; 黙示録20:1~6)に区分することができます。今回は特に②の、神が統治される救いの領域に焦点をあて、いくつかの側面を学びたいと思います。

I. 神の国が近づいていることを知れ:「神の国」がさばき・終末の警告としてあらわされています。この警告は、バプテスマのヨハネによって(マタイ3:2)、イエス様によって(マルコ1:15; ルカ21:31; マタイ4:17)、そしてイスラエル人へのメッセージとして(ルカ10:11; マタイ10:7)与えられました。

II. 神の国に入る備えをせよ:「神の国」が救いとしてあらわされています。神の国に入ることはある意味において困難であること(マタイ19:23-24; マルコ10:23-25; ルカ18:24-25)、入ることは優先事項であることが語られ(マルコ9:47)、入るための良い知らせがなされています(マタイ4:23; 9:35; 24:14; ルカ4:43; 8:1; 9:2,11,60; 10:9)また入るための条件として、罪人の悔い改めと信仰が示され(マタイ21:31; 5:20; 7:21; マタイ18:3; 19:14; マルコ10:14-15)、新生の必要を説いています。(ヨハネ3:3,5)そして神の国入ること=救われることは、神のみわざであることがわかります。 (IIテモテ4:18; Iテサロニケ2:12; IIペテロ1:11)

III. 神の国のために歩め:「神の国」が神様の御心(目的)としてあらわされています。神の国を求める歩み(マタイ6:33)、神の国に相応しい歩み(ルカ9:62; マタイ5:3, 10; IIテサロニケ1:5)、神の国のための犠牲(ルカ18:29)、そして神の国のための奉仕(コロサイ4:11)について教えられています。

まとめ:神の国の国民とされた祝福を覚え、神の恵みによって国民としての務めを全うしましょう→  私たちは御子イエス様の国に移され、御国を相続する者たちとされました。その特権を覚え、主にお仕えする喜びを経験させていただきましょう。(コロサイ1:13-14; ヘブル12:28; ヤコブ2:5)

 

関連記事

  1. 6月16日 見えないものへの希望

  2. 8月26日 主の晩餐のメッセージ

  3. 7月12日 神のことば VS. 人のことば

  4. 11月15日 クリスチャンの平安

  5. 4月16日 死の確実性と復活の真実性

  6. 7月7日 満たしてくださる主

  1. 2020.11.29

    11月29日 恵みの回顧

  2. 2020.11.29

    11月29日 主のとりなしの祈り

  3. 2020.11.27

    クリスマスの集いについてのお知らせ

  4. 2020.11.22

    11月22日 恵みの回顧

  5. 2020.11.22

    11月22日 ご栄光のための祈り

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.