8月30日 あなたは献げる人ですか

写真 2015-08-30 11 36 22ルカ5:27~32には、イエス様が取税人であるレビに声をかけられ、レビがイエス様に従う記事が載せられています。職業を含むすべてを捨ててイエス様に従ったレビが最初にしたことは、自分の家で大規模な食事会を開くことでした。パリサイ人や学者たちは、いつものようにイエス様の行動に対してつぶやきました。

イエス様は罪のある人間に近づいてくださるお方です。私たちは通常、犯罪者や反社会的な動きをする人を避けるものです。レビの職業―取税人―は当時 罪人と同列に置かれるものでした。法令にのっとって税金を徴するのだけではなく、不法な徴収をして私腹を肥やしている取税人が多かったからのようです。

ある人はこのレビのように不正をする生活を突き進みます。ある人は人から奪い取るようなことは決してしないが、他者と分かち合うことを一切しません。この類の人は不正をしないが提供もしない人で、世の中では“無難な人”ということになるかもしれません。しかし、神様の視点から見る時に、自己中心な生き方をしている人ということになります。

物事は“神様との関係においてどうであるか”ということを土台として考えなければなりません。神様に栄光を帰さない、神様の栄光を奪う、神様を無視することは重大な罪です。パリサイ人や学者たちは、レビの催した食事会に連なった人々を“罪人”であると理解していましたが、実はイエス様の名誉を傷つけ、結果的にいのちをさえ奪った彼らこそが一番罪深いのです。

取税人も確かに罪人です。しかし彼はイエス様の語りかけに正しく応答しました。そしてレビはイエス様によって変えられたのです。罪をゆるされたレビが新しい歩みを始め、後に新約聖書の最初の書を記すことになったことを考える時に、彼の回心はどんなに大きな実を結んだことでしょう。レビはイエス様のために宴席を設けたのですが、神様は彼が神の宴席に連なり続けることができるように変えてくださったのです。

あなたは神様のために、人のために献げる人ですか。イエス様の私たちの救いにおける究極の目的はあなたの献身です。救いをいただいたあなたが、生涯において永遠につながることのために労するということです。救いをいただいたあなたは自ら問いかける必要があります。自分の生き方はどれだけ変えられたのか、どれだけ自分はイエス様に従っているかと。

関連記事

  1. 11月24日 まことの弟子のまことの自由

  2. 1月15日 クリスチャンの平常心

  3. 1月1日 神が求めておられること

  4. 7月22日 御霊の実:情け/親切

  5. 10月1日 福音の真理

  6. 4月29日 自由 VS. 不従順

  1. 2020.11.29

    11月29日 恵みの回顧

  2. 2020.11.29

    11月29日 主のとりなしの祈り

  3. 2020.11.27

    クリスマスの集いについてのお知らせ

  4. 2020.11.22

    11月22日 恵みの回顧

  5. 2020.11.22

    11月22日 ご栄光のための祈り

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.