9月4日 教会NEWS

☆今日の出来事・お知らせ☆
先週は大きな台風が日本を襲い、東北や北海道に大変な被害が出ました。また今日も九州地方に台風が来ていると聞いています。そのような中、この東海地方にはほとんど被害がなく、護られていることを覚え、感謝します。災害に遭われた方々に神様からの憐れみがありますように。
9月に入り、最近朝晩は少し涼しさを感じることも増えてきましたが、それでも日中はまだまだ残暑が厳しいです。今日も湿度が高い主日でしたが、一人一人護られ礼拝出席できました。今週も一人一人の歩みが護られますように。
嬉しいニュースがありました!数年前から礼拝出席を続けておられるHさんが、バプテスマを受ける決心をされました。今後色々な準備が必要ですので、その準備が整い、神様の御心の時に素晴らしいバプテスマ式を迎えることができますように。ご家族の中で、たった一人信仰に立っておられます。闘いの中で一歩前進する決意をされましたので、その信仰が引き続き護られますように。
タイ出張中のM兄は今週末一時帰国の予定です。
来月8日(土)は教会の奉仕作業を予定しています。兄姉によってより良く管理されていきますように。また、来月下旬には隣県内にある当教会所有の墓地清掃作業が予定されています。
午後からの聖餐式ではショートメッセージで「イエス様を信じ救われた者であっても、罪を犯すものであることを認識し、罪を悔い改め、神様の御心行うものであるように。キリスト様の身体の一部とされた者であること、その使命を果たすべく生かされていることを覚え、主が来られる時まで顕し続け、次の世代へ繋いで行く者となるように。その妨げとならず、御心を行うことを一緒に担うことができるよう願いながら聖餐式に与りましょう。」と語られました。

☆K姉の証し☆
教会に行き始めたころ、ある姉妹から「飛行機の翼の下で」という本を頂きました。聖書について知るには入りやすい本でした。その中で祈りに関するイエス・キリスト様の御言葉から教えられました。『父よ、願くは御名の崇められん事を。御国来らん事を。我らの日用の糧を今日も與えたまえ・・・』」(ルカ11:1~13)とあります。日用の糧とは霊の糧であることを悟りました。また、三つのパンについて書かれていて「求めよ。尋ねよ。叩け。」と命令されています。パンは霊の糧であり、魚は世の罪から離れた生活をすること、卵は生産力を表し神様のために実を結ぶことであると学びました。これから多くの人に語ることが出来るようにと願っています。

☆本日のランチ☆

関連記事

  1. 第44回 ひつじのひろば 報告

  2. 6月16日 教会NEWS

  3. 11月8日 恵みの回顧

  4. 9月22日 恵みの回顧

  5. 4月ひつじのひろばご報告

  6. 第50回 ひつじのひろば 報告

  1. 2022.10.02

    恵みの回顧

  2. 2022.10.02

    聖書の神は救いを与えられる②:召命

  3. 2022.09.27

    恵みの回顧

  4. 2022.09.25

    聖書の神は救いを与えられる①:選び

  5. 2022.09.18

    恵みの回顧

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.