恵みの回顧

今日は一段と寒い日だったように思いますが、礼拝がまもられて感謝でした。

わたしはクリスチャンホームに誕生したので、生まれたときから(厳密には母のお腹にいたときからですね)教会での礼拝に参加していました。ですので、ずっとわたしにとって日曜日に教会で礼拝をするのは当然のことでした。それで、礼拝が習慣的になってしまうときが多くあったと思います。
しかし、今日改めて、礼拝を神様が喜んでくださる時間にするべきだと思わされました。日曜日の礼拝のときだけでなく毎日、神様をほめたたえて、喜んで歩んでいきたいです。

また、今日の礼拝のメッセージで神様の愛をもう一度学ぶことができ感謝でした。自分の罪深さを思うとき、とても悲しい、嫌な気持ちになります。でも、イエス様は堕落したわたしのところに来て、救ってくださいました。メッセンジャーの、神様は高い所からロープをなげて「つかまれ!」と言われたのではなく、実際に降りてきて救いに導いてくださった、という言葉が心に残りました。本当に感謝です!

この喜びと感謝をもって、今週も歩めますように。

関連記事

  1. 恵みの回顧

  2. 第28回ひつじのひろば報告

  3. 11月10日 恵みの回顧

  4. 10月6日「秋の特別の集い」

  5. 7月20日 教会NEWS

  6. 第41回 ひつじのひろば 報告

  1. 2024.04.22

    恵みの回顧

  2. 2024.04.21

    偉大な救いの探究(I ペテロ 1:10~12)

  3. 2024.04.14

    試練よ こんにちは!(I ペテロ 1:6~9)

  4. 2024.04.07

    牧師の独り言 Vol.22

  5. 2024.04.07

    希望ゆえ我らは謳う(I ペテロ 1:3~5)

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.