選ばれた者の特権(I ペテロ1:1~2)

※メッセージをお聴きになりたい方はこちら↓(音声のみです。再生中に、広告が入る場合があります。ご了承ください。投稿期間は約2カ月です。)

ペテロの手紙を書いたペテロは、イエス様の使徒の中でリーダー的存在でした。四つの福音書の中での彼についての情報量は(イエス様以外では)最大です。彼は、元々はシモン(ギリシャ語の名で、ヘブル語では“シメオン”)の名で知られていました。バルヨナ(ヨナ)を父に持ち、ベッサイダ、そして後にカペナウムに住んだ漁師の家族の一員でした。そんな彼を兄弟アンデレが彼をイエス様のもとへ連れて来ました。(ヨハネ1:42)イエス様の初期の働きにおいて(弟子として)召され(ヨハネ1:16-17)、後に使徒に任命されました。(マタイ10:2; マルコ3:14-16)イエス様は、彼をペテロ(ギリシャ語の名で、アラム語では“ケファ”)と名付けられました。(ヨハネ1:42)イエス様はペテロに特別に目をかけられ、特別なレッスンを与えられました。

イエス様の復活と昇天の後、(イエス様を裏切った)ユダの後任(使徒)の選出を主導しました。(使徒1:15)聖霊降臨後は、福音説教者として先頭に立ち(使徒2-12章)、初代教会の歩みにおいていくつかの奇蹟を行いました。(使徒3-9章)彼はサマリア人へ(使徒8章)、そして異邦人への福音の門戸を開いていきました。(使徒10章)

ペテロがこの手紙を書いたのが、ローマの街が焼け落ちた(紀元64年7月)の前であるか後であるかについては見方が分かれるところではありますが、クリスチャンへの迫害が広がっていく中で、迫害により散らされ、霊的ちからを失いかねないクリスチャンへのメッセージが必要であったことは確かです。ペテロは、クリスチャンはどのように敵意に対処するかという基本的な質問に対する答えをこの手紙で与えています。

ペテロは冒頭の1~2節で「選ばれた人たち」という表現を使っています。「選ばれた人たち」とは“呼び(召し)出された者”という意味です。イスラエルは神様によって選ばれた民族です。(申命記7:6)クリスチャンは救いに選ばれた者たちです。(Iテサロニケ1:4)選ばれるとは特別な事です。この選びは神様が計画され目的をもって行われたからです。また選ばれない人がいるという点においても特別です。神様によって選ばれた事実はクリスチャンを謙遜にさせるはずです。選ばれるべくして選ばれた人は一人もいないからです。選ばれた事実は迫害に遭っているクリスチャンへの大きな慰めとなりました。(2:9-10)

ペテロは選ばれた者の特権を、救いの四つの段階として記していますが、今回はその二つを学びたいと思います。

「父なる神の予知のままに」選ばれた:「予知」とは、何が起こるかをあらかじめ知っておられたということ以上に、信じる者との関係があらかじめ定められたものであることを説明しています。神様は前もって(法令で定めるかのように)準備し、救いの関係を実現されたのです。イエス様が、神様のご計画と予知によって逮捕されていったのと同じように(使徒2:23)、クリスチャンの救いは(前もって計画されていたという意味で)予知されていたのです。

「御霊による聖別によって」選ばれた:「聖別」とは、特別な目的のために取り分けることです。(IIテサロニケ2:13)神様の選びの目的は私たちの救いです。聖霊なる神様が取り分ける(聖別する)働きをされたことによって実現したのです。聖霊は神様が選んだ人を取り分けます。さらに聖霊は、罪と不信仰から信仰と義へと取り分けます。(人が信仰により応答し)神様の前に義と認められることによって、聖なる者とされる過程(聖化の過程)は始まります。この過程は、イエス様と顔を合わせる時、栄化の時まで続きます。

まとめ:神様に選ばれた事実はクリスチャンを常に前向きにさせる
現在 目の前に迫害はないかもしれません。それでも(クリスチャンであるなしに関係のない事柄も含めて)皆 課題・問題を抱えています。自分、人、状況を見て、心が沈む時、私たちは原点復帰が必要です。イエス様にある立場の確認です。広い視野で、永遠の視野で物事を見ることです。神様が、自分を救いに選んでくださったことの尊さを深く黙想しましょう。生涯においてどのようなところを通ることになっても、究極の目的地は定まっていることを覚えましょう。私たちの本当に帰るべき天の住まいを見据えつつ、与えられた務め・責任をイエス様にあって(イエス様に頼りつつ)忠実に果たしていきましょう。

関連記事

  1. 2月2日 主の栄光-愛

  2. 4月30日 究極の敵

  3. 希望ゆえ我らは謳う(I ペテロ 1:3~5)

  4. 10月4日 十字架による新しい秩序

  5. 1月5日 主の栄光-柔和

  6. 聖書の神は救いを用意された⑪:イエス様の復活の重要性

  1. 2024.04.22

    恵みの回顧

  2. 2024.04.21

    偉大な救いの探究(I ペテロ 1:10~12)

  3. 2024.04.14

    試練よ こんにちは!(I ペテロ 1:6~9)

  4. 2024.04.07

    牧師の独り言 Vol.22

  5. 2024.04.07

    希望ゆえ我らは謳う(I ペテロ 1:3~5)

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.