1月24日 恵みの回顧

今日は朝から雨が降っていましたが、数日前のような厳しい冷え込みはなく、暖かい!と思える朝でした。
しばらくまとまった降雨がなく、カラッカラに乾燥していましたから、昨日から恵みの雨です。
クリスチャンは、晴れて感謝。雨が降っても感謝。・・・雪が降っても子供のように感謝できると良いですね。
季節は確実に進んでいて、すでに花粉症の気配が・・・。昨年より飛散量が多いと予想されていますので、花粉症に悩む兄姉が護られますように。

先週から始まった分散礼拝。今日も教会に集った兄姉、そして自宅に留まった兄姉と共に心を合わせて礼拝出来たことを感謝します。2週間後に緊急事態宣言が解除される見通しは厳しいと思われますが、神様の御支配のうちに導かれることを覚えます。一人一人が主に繋がって信仰生活を歩めますようにと願います。

今日のメッセージでは「真理とは何か?」とのタイトルで語られました。王であられ、この世界に来られた王であられ、主に聞き従う人は祝福に与る、この素晴らしい真理をすでに受け入れることが出来た恵みを改めて感謝します。真理とは主イエス様ご自身である、という絶対的なメッセージを握って、この人生を歩んで行くことができるとは、なんと心強いことでしょう。

この世の中は、ますます厳しい状況に進んで行くことが予想されます。いつになったら以前のような生活に戻るのか、と多くの人は不安になり、希望を失いかけています。
そのような中で、道であり、真理であり、いのちであられる主イエス・キリスト様に、これから先のすべてを委ねて平安に過ごさせていただけますから感謝です。でも頭で分かっていても、つい目の前の状況に振り回されてしまう弱い者です。その弱さを認め、日々みことばによって教えと励ましをいただき進んで行きたいと願っています。

今週のお一人お一人の歩みのうえに、神様からの豊かな祝福がありますように!

関連記事

  1. 11月18日 恵みの回顧

  2. 4月21日 恵みの回顧

  3. 2月7日 教会NEWS

  4. 第54回 ひつじのひろば 報告

  5. 10月15日 教会NEWS

  6. 9月6日 恵みの回顧

  1. 2021.07.25

    恵みの回顧

  2. 2021.07.25

    バプテスマの意義

  3. 2021.07.18

    恵みの回顧

  4. 2021.07.18

    私は聖書の神を信じる⑥:永遠の神

  5. 2021.07.11

    恵みの回顧

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.