1月24日 教会NEWS

☆今日の出来事☆
寒波到来で大雪の予報に、もしや教会もお休みになるかも…と危ぶみましたが、強風ではあるものの良い天気に恵まれ、妨げなく兄姉と共に礼拝をお捧げでき感謝でした。
Kちゃんは金曜からの発熱で、ママとお姉ちゃんのAちゃんとともにお休みでした。高熱を早く下げて下さり、ご家族に移らず護られますように祈ります。
寒さが厳しくなってきました。高齢の兄姉も体調崩されることなく、護り支えられますように。
また、今日午後からT兄のご父母が聖書の学びをされます。真の救いを頂いて神様に従う人と変えられますように。
2/1にはKK先生が大阪へ引越しされるとお聞きしました。新しい生活を主が祝福して下さり、また親しい交わりが与えられることを願っています。

 ☆証し☆
M姉により証しがなされました。
私は時々、介護施設にいるY姉を訪問していますが、先日も行きましたら「皆さんはお元気ですか。外は寒いでしょうね。私はこの暖かい所でお世話になり恵まれています。」と言われました。また「もうすぐ96才の誕生日ですね。お元気だから嬉しいです。」と話しますと、「少し長生きし過ぎです。早く天に召して頂きたいです。」と言われます。私は「お元気で長生きは、神様の祝福ですよ。」と話しました。 私達の生命は神様の支配の中ですから人の思い、願いとは同じになりません。いつ地上での生命が終わってもその先の素晴らしい所が約束されていますし、もっと幸いなことは救われている者を迎えるためにイエス・キリスト様が空中まで迎えに来られることを待てることです。 テトス2:13「幸福なる望、すなはち大なる神、われらの救主イエス・キリストの栄光の顕現を待つべきを我らに教ふ」私自身のこととしても、いつ主の前に立っても恥ずかしくない状態であるようにと教えられています。今世界中で悲しい事が多く、神様の御心に反する勢力は日増しに強くなってきています。 エレミヤ哀歌2:17「エホバはその定めたまへることを成し、いにしへより其命じたまひし言を果したまへり」私の将来のこと凡てを、救われた者に最善をなさる主イエス・キリスト様に委ねていきたいと思っています。

☆高田日曜学校☆
高田での日曜学校は、11月は諸事情によりお休み、12月は教会でのクリスマス祝会で10月から3ヶ月ぶりの開催となりました。
よく来てくれている子ども達8名がみんな風邪もひかず元気に集まってくれました。
いつも通り讃美とお祈りで始まりました。10月の暗唱を一人ずつ発表しました。
そして「ソロモンの知恵」という題でお話を聞きました。
『イスラエルの三代目の王様ソロモンは、神様を愛し信じ従う人でした。神様からの何が欲しいかの問いかけに、この民を治めるために正しい判断ができる知恵を求めました。沢山の問題を神様からの素晴らしい知恵によって解決し、イスラエルの国を治め繁栄させていきました。 今日の暗唱箇所は箴言9:10「主を恐れることは知恵の初め」本当の知恵とは、主を恐れるとは、神様を一番にするということです。神様は凡ての物を創造され支配し治めておられる方です。これからの人生に色々な問題、苦しい事など様々あると思いますが、そんな時にはまず一番に神様に祈って知恵を頂き導いてもらいましょう。神様を第一にして神様と共に生きていく時に本当に賢い生き方ができるのです。』

その後「ジェスチャーゲーム」をしました。動物や食べ物をジェスチャーで当てるのです。始めは恥ずかしがっていた子たちも慣れると張り切ってやってくれました。
カキ氷なのか綿菓子なのか、ソフトクリームなのか棒つき飴なのか、以外に難しい…でも頭を使って楽しくできました。
おやつを頂き近況を話したり、冷たい風の吹く外で遊んだりして元気一杯でした。 高田での日曜学校もいつまで続けることができるか分かりませんが、主が許される時まで子ども達の救いのために続いて奉仕させて頂きたいです。

☆特別讃美☆
高校生クラスにより聖歌258(総合版236)「喜ばしき声あげて♪」が讃美されました。 たった二人ですが、力強い讃美が捧げられました。

☆本日のランチ☆

 

関連記事

  1. 第54回 ひつじのひろば 報告

  2. 11月30日 教会NEWS

  3. 5月29日 教会NEWS

  4. 8月9日 恵みの回顧

  5. 9月7日 教会NEWS

  6. 第56回 ひつじのひろば 報告

  1. 2020.11.29

    11月29日 恵みの回顧

  2. 2020.11.29

    11月29日 主のとりなしの祈り

  3. 2020.11.27

    クリスマスの集いについてのお知らせ

  4. 2020.11.22

    11月22日 恵みの回顧

  5. 2020.11.22

    11月22日 ご栄光のための祈り

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.