10月20日 クリスチャンの益

ローマ書8:28に登場する「益」という言葉は一般的にも役に立つことという意味を持っています。世の中は「益」を追求し続けています。でも本当の意味で利益となるのはどのようなことなのでしょうか。マタイ16:26には「たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得(文語では益)がありましょう」とあります。世の中であらゆるものを手に入れたとしても、いのちを失うとしたら、そしてさらに永遠に続くいのちをいただいていないとしたら、「益」ではないと教えています。永遠のいのちの確保が最優先されるべきなのです。このいのちは真の神様から与えられるものです。このお方を抜きにするのであれば、物質的なものは無力であり、空しいのです。(詩篇33:17) 神様抜きの状況で存在するのは不確かさと想定外です。

人間は神様に造られ生かされていながら、神様を離れ、偶像に頼る道を辿ってきています。(エレミヤ2:11; ローマ1:23) しかし、真の神様に背を向けていては「益」がないのです。 永遠のいのちを価値あるものと考えるならば、そして永遠の火の刑罰を免れるべきであると考えるならば、いかなる犠牲を払おうとも、一時的なもの、物質的なものを切り捨てるべきではないでしょうか。(マタイ18:6-9)

聖書には聖書自体が「益」があると述べられています。(第二テモテ3:16) 真の神様を信じ、このお方を畏れ敬う生活、神様に頼って歩む人生は、本当に「益」があるのです。(第一テモテ4:8) 神の御子イエス様を信じたクリスチャンは、なお神様に喜ばれる姿へと変えられていくために、そして「益のため…懲らしめ」をいただきます。(へブル12:10)

クリスチャンは神様を愛している人です。同時にクリスチャンは神様のご計画の中で導かれている存在です。神様を愛し、神様に愛されている者として、生活のあらゆる状況の中で「神がすべてのことを働かせて益としてくださる」(ローマ8:28)ことを覚えようではありませんか。

関連記事

  1. 私は聖書の神を信じる②:無限の神ー全知

  2. 私は聖書の神を信じる⑲:三位一体なる神⑥

  3. 9月22日 主に栄光を帰す教会

  4. 祈りの姿勢

  5. 6月26日 今は恵みの時、今は救いの日

  6. 1月17日 十字架を負う歩み

  1. 2024.07.21

    恵みの回顧

  2. 2024.07.21

    理不尽な状況で従う(I ペテロ 2:18~21a)

  3. 2024.07.14

    世の中の権威に従う(I ペテロ 2:13~17)

  4. 2024.07.07

    牧師の独り言 Vol. 24

  5. 2024.07.07

    肉の欲とのバトル(I ペテロ 2:11~12)

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.