12月14日 救い主の礼拝者①

神の御子イエス様が人となってお生まれになった直後にイエス様を訪問した人たちは2組しか記録されていません。彼らは珍しい出来事を確認する野次馬的な理由ではなく、イエス様の誕生を祝い、礼拝するためにイエス様のもとへと出向いたのでした。今回は羊飼いの記事を、礼拝という観点から学んでみたいと思います。(ルカ2:8-20)

①礼拝の心は真実を知らされることによって与えられる (8-14節) →礼拝は人が神様に対して行うものです。しかし人は自然に神様を礼拝するようにはならないのです。誰が本当の神様であるのかを知らされなければ、本当の意味における礼拝とはならないからです。人は聖書のみことばから、まことの神様を知ることにより、礼拝の対象がわかり、礼拝の必要を覚えさせられ、礼拝の理由を知り、“礼拝しよう”という思いにさせられるのです。このことにより人の真似や表面的なことではなく、意味のある礼拝をすることが可能となるのです。イエス様がお生まれになった夜に野宿をして羊の世話をしていた羊飼いたちは、御使いから救い主誕生の知らせを受け、御使いの賛美を聴きました。羊飼いが礼拝へと動かされたのは (a.)神様のみわざを知ることによってであり (b.)賛美されるべきお方を知ったことによります。クリスチャンは幸いなことに、聖書から真実を知り、礼拝が出来る者となりました。イエス様が自分の救いのため、罪のゆるしのため、神様との関係回復のために生まれてくださったことを知り、信ずる者とされました。神様が実際の行動を通して大きな愛を示してくださったことを知る者とされました。ですから礼拝が出来るのです。そしてさらに神様のみわざ(そして御性質)の素晴らしさをより深く知る者となることが求められているのです。
②礼拝の心は_____のための行動・奉仕を生み出す (vv.15-20) →御使いから救い主誕生の知らせを受け、“天使聖歌隊”の賛美を聴いた羊飼い達はじっとしていることができませんでした。御使いからの知らせを神様からのメッセージととらえ、さらに情報を求めてベツレヘムに向ったのです。彼らには (a.)真実を確認しようとする純粋さがありました。礼拝をするプロセスにおいては、知らされ(教えられ)たみことばをさらに知りたいという思いが起されるのです。そして神様のことをより詳しく知ることにより、みことばが実生活でより意味のあるものとなってくるのです。羊飼いたちは急いでイエス様の居場所をさがしました。彼らには (b.)形式にこだわらない単純さがありました。夜明けまで待つのではなく、帰宅して身支度をして手土産をもってでもなく、ありのままでイエス様のもとへ急いだのです。イエス様が王宮で厳重な警護の中におられたとしたら、彼らは近づくことをゆるされませんが、イエス様が家畜小屋におられることを知らされた彼らに躊躇はありませんでした。礼拝は第一には心の問題です。真心の礼拝がなされる時に服装や時間、場所、持参するささげものは一番重要なことではありません。(だからと言ってこれらがどうでもいいということではありませんが) クリスチャンは教会に来て定期的に礼拝をしますが、いつでもどこでもどのようなかたちでも神様に礼拝ができるのです。(神様の素晴らしさを覚える時にはいつでも心の中で、そしてゆるされるなら声に出して“ハレルヤ”と叫んでいいのです) イエス様を捜し当てた羊飼いたちはヨセフとマリヤ、そしてその周囲にいた人々に御使いから伝えられたことを話しました。彼らには (c.)神様からのメッセージを伝える積極さがありました。羊飼いたちは知らされた真実を自身の目で確認し、自身の体験を人に語り、さらに礼拝をし、賛美をしながら帰っていきました。あなたは家族の中で、信者の間で、そして一般の人々にみことばを分かち合っているでしょうか。礼拝の心があるところにそれは自然に発生するものです。そしてみことばを分かち合うことがまた新たな礼拝へとつながり、新たな礼拝者誕生へとつながっていくのです。

まとめ: 礼拝の心はみことばの真実によって燃やされ、神様が喜ばれる歩みとなってあらわされる →真の神様への礼拝は、真の神様を知っている者だけができます。あなたは神様をどれだけ知っていますか。神様はあなたのために救いの方法を準備し、信じたあなたの罪をゆるし、永遠のいのちをくださいました。それは素晴らしいことです。しかし、神様がしてくださったこと、またしてくださっていることはそれ以上です。さらに神様の素晴らしさを知りましょう。ただ“神様、あなたは素晴らしいです”と言うだけでなく、どのように素晴らしいのか、なぜ賛美されるお方なのかをみことばから知りましょう。あなたの神様の理解が深まるならば、あなたの礼拝がより意味のあるものとなり、神様が喜んでくださるものとなります。神様のことをもっと知るならば、礼拝の心が熱くされるあなたの歩みが変えられます。あなたは赤ちゃんのイエス様にお会いした羊飼いたちよりも多くの真実を聖書から知ることができます。このような立場を無駄にすることなく、質の高い賛美を、礼拝を、救い主イエス様にささげましょう

関連記事

  1. 3月26日 我は主の側にあり

  2. 1月2日 クリスチャンの生きる目的

  3. 8月23日 救いのことば

  4. 4月13日 イエス様の流血の意義

  5. 2012年6月10日 礼拝メッセージ

  6. 10月29日 私ではなくキリスト

  1. 2021.01.24

    1月24日 恵みの回顧

  2. 2021.01.24

    1月24日 真理とは何か

  3. 2021.01.17

    1月17日 恵みの回顧

  4. 2021.01.17

    1月17日 十字架を負う歩み

  5. 2021.01.14

    礼拝についてのお知らせ

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.