6月30日 クリスチャンの新

「キリストのうちにある」人は、イエス・キリスト様を唯一の救い主として信じ受け入れた人のことであり、新しく創造された人です。(IIコリント5:17) 神様の創造の後、間もなく罪がこの世界に侵入しました。罪とは受け継がれていくものです。しかし、神様からの新しいものはそれに変化をもたらしました。

神様からの「新」とはどのようなものでしょう。まず、それは神様との関係の正常化です。罪をもったままの人間は、神様との敵対関係にあり、のろいの対象です。しかし、イエス様によって罪の問題が解決され、神様との和解が成立し、親しい関係へと変えられ、祝福の対象となりました。また、それは道徳的正常化です。イエス様を信じた人の中には聖霊なる神様が住まわれ、新しいいのちが活動を始めます。それは新しい生活となって表されていきます。最後にそれは、環境の正常化でもあります。この点を少し掘り下げてみましょう。

イスラエル民族は神様によって特別に選ばれた民です。しかし、彼らは神様に従わず失墜しました。このイスラエルの姿は人間の姿でもあります。神様に造られた存在として、人間が神様に従うならば、祝福を受け続けるはずでしたが、愚かにも不従順を選択し、滅びを招くこととなりました。神様は尚 イスラエルを見捨てることなく、救い主による王国の樹立をダビデに約束されました。ダニエル書7:13にはイエス様が王としておいでになることが預言されています。(マタイ26:64; 黙示録1:13参照) その時、世(地上)が改まるのです。(マタイ19:28) イエス様の死からの復活はこの(ダビデに約束された)イスラエルの回復のためでもあったのです。(使徒13:34; イザヤ55:3)

エゼキエル書37章の「骨」はイスラエルの状態を説明するとともに、人間の状態を説明しています。活動のない骨にいのちが吹き入れられ動き出すことは、イスラエルの回復、そしてイスラエル以外(異邦人)の霊的回復をあらわしています。イザヤはその回復について預言し、かつてイスラエルを攻撃した者たちの子孫でさえ、イスラエルと祝福を共有することについて言及しています。

イエス・キリスト様に属するクリスチャンはこのような「新」を経験させていただいており、また約束として与えられているのです。この幸いを覚えようではありませんか。

関連記事

  1. 2月10日 苦難と希望の十字架

  2. 8月26日 主の晩餐のメッセージ

  3. 9月29日 知っている人 VS. 知らない人

  4. 7月7日 救いの最終段階

  5. 6月22日 聖霊に満たされている者

  6. 12月24日 クリスマスの意義と祝福

  1. 2020.11.22

    11月22日 恵みの回顧

  2. 2020.11.22

    11月22日 ご栄光のための祈り

  3. 2020.11.16

    クリスマスの集いについてのお知らせ

  4. 2020.11.15

    11月15日 恵みの回顧

  5. 2020.11.15

    11月15日 クリスチャンの平安

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.