8月23日 与えられた聖霊

聖霊なる神様は、父なる神様、子なるイエス様と比べて“マイナーな”イメージをもっているクリスチャンが少なくないかもしれません。しかし、聖霊なる神様も人格をもったお方であられます。人と同じように、悲しまれ、(人から)試され、逆らわれ、冒涜され、嘘をつかれるご存在です。このお方が、イエス・キリスト様を信じ、新たに生まれたクリスチャン一人一人の中に住んでおられるのです。このお方がどのようなお方であられるかを知ることは重要です。(ヨハネの福音書14章15~21節)

I. 聖霊は私たちを助けるお方(16節前半)

聖霊なる神様は、御子イエス様の父なる神様へのリクエストにより、信じる者に与えられています。ここでは聖霊がそばに来て、とりなしてくださるお方として紹介されています。イエス様も、とりなしてくださるお方ですが、それは天におけるお働きです。聖霊なる神様は人の一番身近なところで働いてくださるお方です。どのような助けを与えてくださるのでしょうか。それはイエス様を信じる者が神様との永遠の愛のかかわりをもつことができるためのあらゆる助けです。イエス様の死・復活・昇天を経て、ペンテコステ(聖霊降臨)以降、クリスチャンには聖霊が与えられ、聖霊を心の内に宿す(内住の)特権が与えられているのです。

II. 聖霊は私たちと共におられるお方(16節後半、17節後半~18節)

助け主であられるお方は、私たちに“常駐”しておられます。いつまでもです。神様が常に共におられるとはなんと心強いことでしょうか。イエス様は、子どもたち(ヨハネ13:33)である弟子たちには強い守りと導きが必要であることをよくご存知で、聖霊を父なる神様にお願いしてくださったのです。イエス様は死後の復活という意味において、また霊において、さらには終末において、信じる者のところにもどってこられ共にいてくださいます。

III. 聖霊は私たちに真実であられるお方(17節前半)

聖霊は真理を特長としておられます。真理の源であられ、真理をお語りになられるお方です。(ヨハネ16:13)このお方を離れては、だれも神の真実を知ることができません。(Iコリント2:15; Iヨハネ2:20, 27)この世界はこのお方を見も知りもしないので、受け入れることは不可能です。信仰者だけが、聖霊なる神様が提供する祝福に与ることができるのです。

IV. 聖霊は私たちを生かすお方(19節後半)

復活されたイエス様は、信じる者たちにのみご自分をお示しになりました。現在、イエス様を肉眼では確認できませんが、クリスチャンは、霊の目によって、聖霊なる神様のお働きによって、イエス様を見ることができるのです。復活され、生きておられるイエス様と共に生かされているゆえにこのお方を見ることができるのです。イエス様の復活はいのちの保証でもあります。聖霊なる神様が信じた者の中に住んでいてくださることにより、現在も、今後も、そして永遠にわたって生かされるのです。聖霊が共におられ、真実をもって助けてくださることにより、神様がお喜びになるかたちで活かされるのです。

まとめ: 聖霊なる神様のお働きを日々経験しましょう

イエス・キリスト様を信じた人の中には、聖霊なる神様が住み始めてくださいます。それは、信仰者がそれまでとはまったく違った生き方をすることが可能になったということです。助け主であられる聖霊に委ねて、頼って、励ましと慰めをいただきつつ歩んでいきましょう。共におられる聖霊から平安をいただきましょう。真理であられる聖霊からの教えと導きを受け入れ従いましょう。霊的ちからをお与えになる聖霊によって強められましょう。信仰者が歩むために必要なものは聖霊なる神様からすべて与えられます。その祝福をあなたも経験することができます。

 

 

関連記事

  1. 9月27日 賢者の歩み

  2. 1月22日 神様の御顔を求める

  3. 10月6日 イエス様の居られるところ

  4. 8月26日 御霊の実:節制/自制

  5. 11月10日 イエス様の証言

  6. 8月17日 主の復活による啓示⑦

  1. 2020.11.27

    クリスマスの集いについてのお知らせ

  2. 2020.11.22

    11月22日 恵みの回顧

  3. 2020.11.22

    11月22日 ご栄光のための祈り

  4. 2020.11.15

    11月15日 恵みの回顧

  5. 2020.11.15

    11月15日 クリスチャンの平安

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.