8月9日 ほんとうにコワイのは

新型コロナウイルス感染の状況は未だ収束を見ない中、私たちがかつて経験したことのない夏を迎えています。今回の事は世界的に私たちの生活を変えるものとなりました。なお治療方法やワクチンの開発が確立されていない中にあって、命の危険を強く覚える人も少なくありません。万が一の時の「安全装置」・セーフティーネットがないことは不安を増殖させるものです。

 3密になる→コロナに感染するかもしれない→死ぬかも知れない、という流れで、私たちはコロナウイルスを恐れるわけですが、本当に恐れなければならないことは、死ぬことになった場合の、その後のことです。

 聖書には人の死の原因が明確にされています。人は神様によって造られた存在でありながら、神様に背を向けたため、神様の前では罪のある存在になりました。神様はきよく正しいお方ですから、罪のある者には罰を与えなければなりません。その罰は、死ぬことと、死後の永遠の刑罰です。人には、神様に対する罪があるため、苦労を経験し、死に、死後さらに苦しまなければならないのです。

 神様は愛の神様でもあられますから、罪のある人間を助ける方法も準備してくださいました。自分のたったひとりの息子である(罪がまったくない)イエス・キリスト様が十字架で代わりに死ぬことによって、この方を信じる者をゆるす・救うという素晴らしい計画です。誰でも、自分の罪を認め、イエス様を信じるなら罪がゆるされ、死後の刑罰を免れることができるのです。

神様の前では皆 罪のある人間です。罪がある人間は、新型コロナウイルスに感染しなくても、いずれ死を迎えることになります。イエス様を信じるなら、いつ死ぬことになっても、究極の永遠のセーフティーネットがあるので安心です。ウイルスに感染しないための努力は大切ですが、必ず訪れる死に対しての準備はもっと重要です。死後の備えを一刻も早くしましょう。

「身を殺して魂をころし得ぬ者どもをおそるな、
身と魂とをゲヘナ(地獄)にて滅ぼし得る者をおそれよ。」
(文語訳聖書 マタイの福音書10章28節)

関連記事

  1. 11月30日 教会NEWS

  2. 7月度 ひつじのひろばご報告

  3. 8月度 ひつじのひろばご案内

  4. 1月21日 教会NEWS

  5. 10月9日 教会NEWS

  6. 10月4日 恵みの回顧

  1. 2020.11.27

    クリスマスの集いについてのお知らせ

  2. 2020.11.22

    11月22日 恵みの回顧

  3. 2020.11.22

    11月22日 ご栄光のための祈り

  4. 2020.11.15

    11月15日 恵みの回顧

  5. 2020.11.15

    11月15日 クリスチャンの平安

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.