11月2日 人の子の祈り

人となられたイエス・キリスト様は、人としての立場で父なる神様にお祈りをなさいました。その祈りは人の代表として、またお手本としてのものです。祈りは神様への依存を含んでいますが、御子イエス様も人として、父なる神様に対してそのようなお立場にあることを表現されたと言えます。
イエス様の地上における公生涯のスタートは祈りで始められました。バプテスマのヨハネからバプテスマをお受けになった時、イエス様がお祈りになったことが記されています。(ルカ3:21-22)御子イエス様は、父なる神様が喜ばれるお方であり、イエス様の祈りは心地良いものであったに違いありません。
イエス様は祈りを重要視されていました。イエス様は人々にみことばをお語りになり、病人を癒すなどの奇跡を行われ、忙しくされていましたが、そのような中でも荒野に行って祈る時間を確保されました。(ルカ5:16)私たちは衣食住のことを大切に思いやすいですが、神様との会話である祈りは霊的原動力として欠かすことができないものであることをイエス様は示してくださいました。
イエス様の祈りは時には夜を徹して行われました。(ルカ6:12)イエス様は数々のわざをなさいましたが、そのわざの供給源であられるお方への祈りをお忘れにはなりませんでした。(ルカ9:18)ある時には自分に近い3人の弟子たちと共にお祈りになり、ご自分の栄光の姿をあらわしてくださいました。(9:28-29)また弟子たちには何を祈るべきであるのかを教えてくださいました。(ルカ11:1-4)
私たちには神様に祈る特権が与えられています。生活における優先順位、重要度はどのようなものでしょうか。私たちの多くは信仰生活における祈りの部分を見直さなければならないのではないでしょうか。神様への祈りは、心労の要素が絶えることのないこの世の生活において、平安を常に保持する大きなちからとなることを再確認しようではありませんか。

関連記事

  1. 8月5日 御霊の実:忠信/誠実

  2. 9月13日 ゆるしと義認の賜物

  3. 11月4日 ことばなるお方への応答①

  4. 9月1日 救いにおける神の主権

  5. 2月5日 主の栄光のあらわれ

  6. 12月21日 エリサベツの賛歌

  1. 2020.10.18

    10月18日 恵みの回顧

  2. 2020.10.18

    10月18日 相互の愛の実践

  3. 2020.10.11

    10月11日 恵みの回顧

  4. 2020.10.11

    10月11日 賢者の歩み③

  5. 2020.10.04

    10月4日 恵みの回顧

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.