2月4日 霊的相続 ~奴隷から子へ~

親による子供の監禁・虐待のニュースを聞かされる時、親であること、子であること、そして親子であることの意味を考えさせられます。神様が制定された家庭という現場で、想像を絶するような現実があることに心が痛みます。そこまでいかなくても、家庭に居場所がない子供たち、家庭が帰りたい場所ではない子供たちもいます。困った時に、悲しい時に受け止めてくれる親がいない子供たちがいます。行き場を失った、ある子供たちは死を選びます。
人の世界に完璧な親は存在しません。しかし神様は私たちの完璧な親となってくださいます。今回はイエス様を信ずる者が、神の子とされ霊的祝福を相続することについて学んでみたいと思います。

I. 御父による準備 (1-3節):奴隷であった私たち →パウロは一般的な相続人の説明から始めます。ローマ社会においては、通常25歳に達した時に成人とみなされますが、その「時」は父親によって変更することも可能であったようです。それまでの間、子供は厳しさの中で従順と責任が求められ、訓練と保護の中で過ごすことになります。父が定めた成人となる日(受け継がせる日)まで、奴隷となんら変わることのない取り扱いを受けるのです。
パウロはこのことを神様との関係に当てはめています。人が真実に対して無知であった時(幼かった時)は、世の中の宗教の初歩的な教えや、一般的な規則やルール、また伝統的な考え方等によって支配されてきました。それは人間的な行い(による救い)のシステムで、それをたとえ行っても、決して神様が求めておられるレベルに到達することはありませんでした。

II. 御子によるあがない (4-5節前半):あがなわれた私たち →神様のご計画により、イエス・キリスト様がこの世界に遣わされました。その「時」は、当時の宗教・教育・政治などあらゆる事柄において最適なタイミングであったと言えます。キリスト様は神であられながら、人としてお生まれになり、律法の下を歩まれ、律法を完璧に実行されました。それは律法の下にある、つまりのろいの下にあって救いに関して絶望状態にある者たちを解放するためでした。それがキリスト様に(権威とともに)託された役割であったのです。一つの罪も違反もないキリスト様によって、罪ある者たちがあがなわれた(買い取られた)のです。(ヨハネ8:46; ローマ5:6; IIコリント5:21; へブル7:26; Iペテロ2:22; Iヨハネ3:5)

III. 御霊による宣言 (5節後半-7節):子とされた私たち →神様が人になされたことは律法の下からの解放だけではありません。神様の子供という立場も与えてくださいました。霊的養子化が実現したのです。人の側に求められたのは信仰のみです。(ガラテヤ3:26) 神様はご自分があがなった(買い取った)者たちを、ご自分の家族に迎え入れ、子としての祝福と責任をお与えになりました。そして救いをいただいた者の内に御霊を住まわせ、子であることを常に認識させ、また尊敬と親しみの伴う交わりを可能とされました。ですから、明確なことは、キリスト様を救い主と信じた者は、神の子であり、神様からの祝福の相続人なのです。
(マルコ14:36; ローマ8:14-17; IIコリント1:22; エペソ1:5, 13-14)
(マタイ19:29; 25:34; ローマ4:13; ヘブル1:2, 14; 6:12; 11:8-10, 13-16, 39-40; ヤコブ2:5; Iペテロ1:4; 3:7, 9)

まとめ:神のみわざを通して確立された霊的相続の祝福を覚え感謝し賛美しましょう →御霊なる神様が私たちの内に住んでくださること、神の子とされること、霊的相続人とされることは、私たちがイエス・キリスト様を信じた時に同時に、そしてセットで与えられることです。御霊がクリスチャンの内に住んでくださることは、聖書の約束です。内に住んでくださる御霊は神の子であること(救われていること)を確信させてくださいます。また私たちは神による相続人でキリスト様とともにあらゆるよいものを相続させていただいています。それはすべて父なる神様によること、キリスト様の尊い犠牲によること、そして御霊の働きによることなのです。

 

関連記事

  1. 3月1日 イエス様は牧者②

  2. 7月14日 恐れなくていい

  3. 4月20日 イエス様の復活とあなた

  4. 2012年4月22日 礼拝メッセージ

  5. 5月12日 主の働きの継続

  6. 8月18日 招きに応じた集団

  1. 2020.11.22

    11月22日 恵みの回顧

  2. 2020.11.22

    11月22日 ご栄光のための祈り

  3. 2020.11.16

    クリスマスの集いについてのお知らせ

  4. 2020.11.15

    11月15日 恵みの回顧

  5. 2020.11.15

    11月15日 クリスチャンの平安

For those who speak English: Although we do not have an English service, we will do our best to assist you when you come to our service. Please contact us.